弁理士 特許事務所

特許事務所での弁理士の主な仕事内容とは?

法律関係で有名な資格として弁護士や司法書士などといった国家資格があります。それと同等の難易度と言われている、あまり馴染みのない資格に弁理士と言う国家資格があることをご存知でしょうか。法律を学ぶ上で知る事になった方や仕事内容に魅力を感じて資格取得を目指している人など様々いらっしゃるかとは思いますが、実際には弁理士とはどのような仕事内容なのでしょうか。

弁理士は主に特許事務所での業務が多く企業から持ち込まれる特許や実用新案などの新しいアイディアを特許庁に申請、出願などを手助けする一方で相談なども受け付ける特許関係に密接に関連した職業です。例えば新たに発明した製品や方法などを特許庁に申請する手助けをしたり、過去にすでに同じような内容の申請が無かったかなどの履歴を調査するなど、一般的には難しい書類などを一手に引き受ける事で特許庁と申請者をスムーズに繋げる架け橋となる仕事を主としています。また現在ではインターネットショッピングなども身近で簡単に利用が出来る様になってきた一方で、特に海外から出回ってくるブランド物の分野でコピーや模倣品などの悪質な品物が残念ではありますが流通しています。弁理士はそういった悪質な知的財産権などを侵害する可能性のある製品の輸入を差し止めする手続きなど、知的財産に関連した紛争処理業務なども行っています。

新たなアイディアを受け入れ、そしてアイディアを守るために活躍する弁理士。資格取得は簡単ではないかもしれませんが、合格後の業務内容はやりがいに満ち溢れた仕事なのではないでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加