弁理士 転職

キャリアで左右する?弁理士の転職成功率!

難関の国家資格のひとつである弁理士を受験する人の多くは社会人であることが様々な資料が裏付けています。実際には働きながら通信講座やスクール、もしくは独学などで弁理士の勉強をして試験に挑むという方が多いかと思います。ではもし弁理士に合格した後一般の企業に勤めていた人が特許事務所などの新たな職場で活躍する事が出来るのでしょうか。

弁理士の業務内容はいくつか存在しますが、多くは特許事務所に籍を置き、依頼者からの工業所有権などに分類されるの実用新案といった新たなアイディアを理解しつつ法律と照らし合わせながら特許庁に出願する手続きをする仕事を主に行っています。その為そういった企業などから提出される新たなアイディアをしっかりと理解する能力が必要になります。現在弁理士として働いている人やこれから試験を受けようとしている人のほとんどが理系であるのはこれが理由にもなっています。

現在弁理士として活躍している人の多くが社会人であったように現在社会人でお勤めされている人のほとんどが弁理士を目指すことが出来ます。しかし理系が多く有利に活躍する事が出来る業界の為に理工学関係にまったく関わりの無い仕事をされている人は少々不利な点もあるようです。しかしながら語学力などで補えるケースは少なくないので法律に関して興味があるようであれば難関ではありますがやりがいのある仕事をこなしている弁理士を目指してみることも良いのではないでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加