弁理士 就職

弁理士の資格を活かせる就職先はどんな場所?

数多くの資格や免許がある中で、一番重要な事はその資格を活かした就職先があるのかと言う事です。法律関係において弁護士や司法書士などと並んで難関といわれる弁理士試験。毎回試験の合格率は10パーセントを切るまさに難関といえる国家資格のひとつです。弁理士は弁護士や司法書士に比べて一般的にはあまり馴染みが無い国家資格と言われていますが、資格取得後は主にどのような仕事場で働く事が出来るのでしょうか。

弁理士はいくつか業界の中でも定番ともいえる形で働く事になりますが、多くは特許事務所などで働く事になります。特許事務所では実用新案や特許権などを取り扱う工業所有権を取り扱い特許庁と申請者を結ぶ仕事を主としており、難しい書類作成や相談などもこなす柔軟で高い知識を必要とする仕事を行っています。またその他の仕事先としては企業に常駐して特許関係などの一切を引き受ける形の企業内弁理士といった働き方もあるようです。またある程度特許事務所などで仕事をしてスキルを磨いた後に独立し新たに自分の事務所を構えるというような方法もあるかと思います。

現在では弁理士資格は受験者や合格者が増えてきてはいるものの、やはりまだ一般的ではなく縁の下の力持ち的な要素があるため仕事に対しての弁理士が不足ぎみになっているとも言われています。いろいろな形で活躍する事が出来る弁理士を難関ではありますが、目指して頑張ってみることも良いのではないでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加