弁理士 将来性

弁理士の仕事は本当に将来性のあるものなのか?

仕事をしていく上で必ず誰しもが悩む事として、将来性のある仕事なのか、といった悩みを多く持つ人は多いのではないでは無いでしょうか。難関とされる国家資格のひとつである弁理士の方や、またその弁理士を目指して勉強や活動をしている人などでも弁理士と言う仕事にどれほどの将来性があるのか気になるとことではあると思います。

現在は不況と言われており一般の求人情報も氷河期と表現されるほど流れが悪くなってしまっている中で弁理士などの国家資格者は貴重な人材になるために仕事に困る事は無いとされています。しかし仕事に就けたとしても将来性が無ければ仕方がありませんし、長く続ける理由にもなりません。現在弁理士が主に活躍している特許事務所は事務所そのものが増加傾向のために事務所ごとの仕事量があまり変わらないように感じているかもしれませんが、実は特許の出願数はあまり落ち込みを見せていません。特に登録件数で言うと増加傾向にあるのが現状の為に仕事が無くなるということは無いのではないでしょうか。最近では海外から来る偽物のブランド品なども多く出回るようになり知的財産権を侵害しかねない製品に対して弁理士は輸入差し止めなどの手続きなども行うことができます。これからさらに増えると予想されるそういった知的財産権を侵害する可能性のある製品がある以上はこれからも弁理士の存在は欠かせなくなり、さらにさらに需要が伸びると予測できるのではないでしょうか。こういったことから弁理士は将来性のあるやりがいのある仕事と言って良いのではないでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加