弁理士 仕事内容

弁理士が請け負う最も多い仕事内容とは?

弁護士や不動産鑑定士などと並んで特に難関と言われている国家資格の中で弁理士と言われる資格があります。弁理士とはご存知かと思いますが特許に関連した業務を取り扱う法律に関連した国家資格者を指します。多くの弁理士は特許事務所に所属しています。では実際に弁理士が請け負う業務内容はどのようになっているのでしょうか。

特許事務所に所属する弁理士の多くは、主に企業から依頼された実用新案や特許などの工業所有権などを取り扱うことになります。大きく分けていくつかに分類されるこの工業所有権は弁理士にとって一番の得意分野とも言われております。一般的に企業相手に仕事をすることがほとんどで、各企業から相談される新たなアイディアであったり今までに無い機械や考え方などを特許庁に出願する為の書類作成などを引き受けることになります。その後特許庁に登録されている今まで出願されている内容と照らし合わせて過去にこういった内容の物が提出されて無いかなどを確認します。それ以外には企業間で知的財産権や工業所有権などでトラブルが発生したときや問題があったときなどに警告書などを作成しトラブルを未然に防ぐ役割もあります。

この様に弁理士は法律に詳しくそして新たなアイディアを受け入れる柔軟な技術力が必要になる仕事です。全国的にも難関と言われている仕事ではありますが。国家資格でありながら貴重な資格の一つでもあるために現在では人員不足とも言われています。法律関係を目指す以上は弁理士を考えてみるのも良いのではないでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加