弁理士 年収

現役弁理士に聞く!他の職業と比較した年収の相場

法律関係を目指す人の中で、弁理士を目指している人が少なからずいらっしゃるかと思います。弁理士とは、弁理士法で定められた産業財産権などを取り扱う国家資格を取得している人の事を言います。弁理士には勤めている事務所や職場などにより仕事の内容が変わってきますが、主に特許事務所などで活躍している弁理士が多いと言われています。

弁理士を目指す上でやはり気になる事として年収があるのではないでしょうか。少々露骨な表現かもしれませんが、実際勤め始めたら想像より給料が違っていた、となると目指すための頑張りも変わってくる事でしょう。

実際、現役で活躍している弁理士の方は年齢などにもよりある程度違いは存在します。これは弁理士に限らず通常の会社勤めをしている人でも良くある事なので多く方はこういった違いを理解しているかと思います。弁理士の年収としては一般的な全国の平均年収が40歳から50歳にピークで一番高額になっており、およそ600万前後に対して弁理士の方は30代前半でその年収になると言われています。もちろん個人のスキルや職場で左右されるものですが、弁理士の方は総じて一般的な平均年収に対しては少々高めと言う表現が正しいのではないでしょうか。

まずは、国家資格である弁理士の資格を取得することを第一の目標にする事がよいでしょう。しかしながら、息抜きも兼ねて自分が勤めようと目標とする現場の給料面をインターネットなどで調べてみると面白いかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加