弁理士 難易度

弁理士資格取得まで難易度はどれほどのものなのか?

法律関係に将来の仕事先を考えて弁理士の資格取得を考えている人は少なからずいらっしゃるかと思います。弁理士試験に合格した人の中では理系出身の方が多いと言われています。しかしながら弁理士の試験内容には論文系の試験も含まれているため必ずしも試験において有利とは一概には言えないのではないでしょうか。

さて実際に弁理士試験合格を目指している人の多くはどの程度の難易度なのか気になるところがあるかと思います。弁理士に関連した資料やホームページなどで合格率を調べてみる毎回10パーセントを切る事が多く平均では7パーセントから8パーセントぐらいで落ち着いています。数字から見る限りでは決して簡単な試験でない事は容易に想像が出来る事でしょう。難易度が同程度の資格試験は司法書士や不動産鑑定士などと並ぶと言われており難関試験と表現して間違いないかと思います。やはり法律関係の試験はイメージ通りの難関ではあります。しかしながら、それだけ弁理士と言う資格を利用する仕事は貴重で特殊な資格の為、一生ものの資格と言えるのではないでしょうか。スキルを証明する為の民間が管理する資格ではなく国家資格の一つなので取得が出来れば職に困る事はないと言われるほど安定した仕事先があります。

弁理士と言う資格は一般的には浸透している資格ではありませんがその特殊で数少ない有資格者という利点を活かして必要とする方々の役に立てる仕事を目指して弁理士試験に挑むようにしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加