弁理士 国際特許事務所

国際特許事務所で活躍する弁理士の活動内容は?

現在数多く存在する国家資格の中で弁理士と言う特許に関連した内容を専門に取り扱う仕事があります。弁理士は多くの場合、特許事務所に所属して企業などから依頼された新しい技術などを特許庁に出願するための手続きを一括して請け負う業務が主な仕事です。

その弁理士が所属する弁理士事務所にはいくつかの種類が存在します。まずは特許法律事務所ですがこれは国内においての特許出願などを取り扱う事務所で弁理士以外にも、弁護士が常駐する事務所を指します。それ以外に外内特許事務所は海外から日本の特許庁に対しての特許出願を請け負い、逆に内外特許事務所は海外の特許庁などに出願を請け負う業務になります。多種類ある事務所の中で国際特許事務所と表記されているのは、外国から日本の特許庁へ向けての出願と海外の特許庁に向けての出願をどちらも請け負う事が出来る事務所になります。

特に海外が絡んでくる特許事務所は高い理解力もさることながら高い語学力も要求される仕事になります。国内から出てきたアイディアを海外の特許庁に明確に伝え、海外から申請される内容も細かく理解して仕事を進める必要がある為、国家資格の中でも特に語学力が必要になると言える仕事なのではないでしょうか。国際特許事務所で働く弁理士は語学力が活躍する為の大きな鍵を握っています。これから弁理士を目指す人は法律や特許だけではなく幅広く仕事を請け負うための語学力も必要になってくるのではないでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加