弁理士 海外勤務

国内のみならず海外勤務でも活躍する弁理士の実態とは?

現在、あまり一般的とはいえないものの難関の国家資格として弁理士の存在があります。特許の出願を手助けしたり、知的財産権などを守る仕事を主としています。弁理士の多くは特許事務所に所属して活躍する事になる事がほとんどですが、中には特許事務所に所属せずに活躍する弁理士も存在します。

特許事務所以外で活躍している弁理士は企業などに常駐し新しいアイディアを特許庁に申請したり企業と相談したりする事で活躍しています。またこういった弁理士は国内のみならず海外でも展開している企業の展開先の各国々などでもその国の特許庁などとやり取りをして企業のアイディアを海外でも通用するものにする為の仕事もこなしています。この為に海外で活動する弁理士は国内で活躍している弁理士に比べても高い語学力が要求されます。企業が提案してきた新しいアイディアを柔軟に理解して法律と照らし合わせる一方でその案件を明確に諸外国の言葉でわかりやすく提案する必要があります。その国において企業が特許取得できるかは弁理士の腕にかかっていると言っても過言ではないかもしれません。

これからは国際社会と言われるほど国内のみならず海外で活動する企業も増加する傾向にあり、国内でも海外の良いアイディアを取り込むという流れになりつつあります。これから弁理士は特許の出願手続きや相談と言った内容に加えて、新たに企業の戦略の一つとしても活躍の場が広がってくるのかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加