弁理士 費用

弁理士に仕事を依頼したときの費用の相場は?

企業や会社などが新たなアイディアなどを開発して特許を取得する為には特許庁にその内容を報告し、許可されることで権利を得ることになります。しかし、特許庁に出願するには大変な書類作成や専門的な知識が必要になり仮に提出できたとしても書類不備などで突き返されてしまうことがあるといわれています。

そういった素人では到底困難な書類作成や特許庁などとのやり取りを引き受けてくれるのが弁理士と言われる国家資格取得者です。弁理士は法律に関連した仕事でありながら企業などから提案される新たな技術を理解して特許庁に出願を手伝う法律のスペシャリストでありながら高い知識をもった技術者でもあります。現在では発案した新しい技術などを特許庁に出願する際はこの弁理士に相談、依頼することがスタンダードになっています。依頼を受けた弁理士はその技術を理解し法律にあてがいながら書類を作成し特許庁に出願します。弁理士は基本的にこの内容を一括で行える為に依頼者と特許庁をスムーズに結ぶ役割を担っています。

実際に弁理士に特許に関連した仕事を依頼すると平均では30万円から40万円ほどが必要になると言われています。もちろん各特許事務所などによって価格の幅があること思いますし、依頼する業務によっても様々な料金設定があります。その為弁理士側も特許を出願する意向を示しても特許庁に認めてもらえない場合や利益になりにくい場合などの心配事を解決する為の相談を受け付けている所が多くあります。自分が発案したアイディアを上手く利用できるのか弁理士に一度相談してみることも良い方法なのではないでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加