弁理士 合格率

弁理士資格の合格率から見る心構えと対策

法律関係を目指している人の中で弁理士と言う資格をご存知の方は多いかと思います。弁理士資格とは、弁護士や司法書士と並ぶほどの難関と呼ばれるほどの国家資格のひとつです。法律に密接に関係した仕事でありながら特許に関する仕事上、柔軟な考え方も要求される忙しくも、やりがいのある魅力的な仕事のひとつです。では実際に弁理士試験はどの程度の合格率なのでしょうか。

弁理士試験が毎年合格率がインターネットなどでも公表されておりますが平均的に10パーセントを大きく割り込むほどの合格率で、総じて他の一般的な資格に比べて高いとは言えないようです。弁理士資格を受験する方々の傾向をみると、社会人が最も多く年齢では30代が抜き出て多くなっています。また理工学系の出身者や経験者が受験者の8割前後占めているという現状です。

弁理士資格は確かに低い合格率で難関と言える資格ではありますが、合格者の傾向や受験者の割合を見る限りでは、働き始めてある程度経過した社会人が多い事がわかります。これは難関試験でありながら働きながら勉強をして取得する事が出来る裏づけにもなる為、現在では通信講座や通学でも身近に受講する事が出来る講座も多くなってきているので利用しながら長い目線で取得を目指してみることが良いのでは無いでしょうか。またどうしても時間が無いときは弁理士試験の特性を活かして一次試験や二次試験を受験した後、時間を空けて勉強して残りの試験を受験する方法をとる事も良いのではないでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加