弁理士 学校

学校か独学か?弁理士合格の重要な選択!

弁護士や不動産鑑定士と並ぶほどの難関資格として、特許や実用新案などを取り扱う業務に関連した資格試験として弁理士試験があります。難関と言われる国家資格だけあり合格率も10パーセントを大きく割るほどの低い合格率になっています。しかしながら弁理士はその特殊性や企業などの新たなアイディアを形にしていく手助けをするなどの魅力的でやりがいのある仕事であり、また不況で就職が困難と言われている現在でも、弁理士の資格があれば仕事に困る事はまず無いとも言われています。その為、年々受験者は数を増やしている傾向にあるようです。

弁理士試験を受験して見事合格にたどり着くには、やはりとても大変な勉強が必要になってくる事が想像出来るかもしれませんが、合格者の多くは勉強をいかに効率よく出来て内容を柔軟に頭で理解する事が合格するための大切な事だと言います。実際に合格者の傾向をインターネットなどで見ていただくとわかるかもしれませんが現在普通に仕事をしている30代の方々の受験者数が圧倒的に多い事がわかります。これは、仕事をしつつ勉強して弁理士試験に挑んでいる事になります。独学で少しずつ学んで理解していく方もいらっしゃいますし、学校や講座などを利用して効率よく学ぶ人もいます。現在ではやはり学校などの講座を利用する方が短い時間で的確に学ぶ事は出来ますが、独学であってもゆっくり確実に学ぶ事が出来ますので、自分にあった勉強方法で確かな理解力を身に付け試験に挑めるようにする事がよいのではないでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加