弁理士 独学

独学で走破!現役弁理士に聞いた資格取得までの道のり!

弁理士を目指して活動している学生や社会人の方はいらっしゃるかと思います。弁理士は特に法律に関して高い知識と柔軟な理解力が必要とされる仕事のひとつです。その為にもまず基礎となる自分にとっての確固たる知識を身に付ける必要があります。

現在ではインターネットや書店などでも多くの資格試験合格に向けての勉強方法や流れなど、親切に記述してくれているものが多くあります。弁理士に関しても例に漏れず、他の資格試験に比べて一般的な知名度低さから多数の資料があるわけではありませんが、現役で弁理士として活躍している方々が勉強方法などを公開しています。多くの場合まずは法律を理解して応用していかなければならないのでとにかく暗記する事が重要とされています。少しづつ時間をかけて覚えるほうが記憶に浸透するため試験合格後の実際の現場でもスムーズに目的の記憶を辿る事が出来ると言われています。また弁理士に限った話ではありませんが過去問題を最大に駆使しとにかく解くといった方法。この方法はとにかく実際に試験に出る内容の為に過去にどういった傾向で出題されているのかや、どこに重点を置いている試験なのかを判断する材料にもなります。ただし過去問題はあくまで過去の内容なので法律を取り扱う弁理士の試験は出来る限り新しい新鮮な過去問題を利用するようにしましょう。

その他インターネットなどを利用して評価の高い参考書やテキストを使用してみるのもよい方法でしょう。独学をするためにはそれなりの努力と集中力が必要になるかもしれませんが実際に合格した人も少なくありません。高いモチベーションを維持しつつ勉強に取り組みましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加