弁理士 文系

文系弁理士と理系弁理士に比べて不利なのか?

弁理士試験を考えている人の中ではほとんどの人が理工系出身と言われています。これは新たな企業のアイディアや考え方などの今までに無かったケースを柔軟に理解して法律に当てはめていく必要がある為にそう言われています。文系出身者の場合機械的な製品などのケースに理解がしにくくスムーズな業務がこなせない可能性がある為に理系出身者が多い仕事のようです。

しかしながら文系出身の弁理士試験合格者は確かに少ないものの、いないわけではありません。実際には語学力など、海外に関連した案件などを取り扱う時などは英語などに代表される外国語を話せる事で不利と言われる穴を埋める事が出来るようです。文系弁理士は理系弁理士には無い確かな語学力を身に付ける事でカバーする事が大切なのかもしれません。

文系出身者やこれから弁理士試験を受けて資格取得を目指そうとしている文系の希望者は、弁理士の資格そのものはあまり理系出身者の人とは変わりない難易度と感じるかもしれませんが、取得後の就職活動や仕事先での業務などで理系出身者に負けないように勉強やそれを補うための語学力をしっかり磨く必要があるかと思われます。理系弁理士に比べて確かに不利な点あるかもしれませんがしっかり補う事で業務をこなす事が出来るかもしれませんし、実際文系出身でありながら弁理士として活躍している方々はいらっしゃると思うので、そういった方々にアドバイスを求めてみるのも良い方法なのかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加