弁理士 勉強

弁理士合格者に聞く!高確率合格の勉強法を徹底追及!

数多くの国家資格の中で特許や実用新案などを取り扱う業務に密接に関係した弁理士という資格が存在します。弁理士資格は高難度の国家資格のひとつと言われており、合格率も通常のスキルを証明するために設けられている民間の資格試験などの合格率と比べて格段に低くなっているため難関試験とよく表現されています。

では実際にはどのような勉強方法が効果的で高い合格率に持っていく事が出来るのでしょうか。弁理士試験に合格した方の多くは社会人の方がほとんどで、働きながら学んで合格までたどり着いた人が大多数を占めます。独学で勉強する方法も良いかもしれませんが現在は通信講座や通学講座などの講座を利用し弁理士資格取得を目指すのがスタンダードになりつつあります。合格までをしっかりサポートしてくれる講座も多数存在しますので利用する事でスムーズに合格できるのではないでしょうか。

勉強方法は講座を利用する以外の自主学習として模擬試験をとにかくやってみる方法があります。これは実際に出題されるであろう試験内容を予測して出題される内容のため限りなく実際の試験に近い形で作られています。模擬試験を多く解くことで自分の弱いところなどを分析する事が出来ます。そして合格者が多くアドバイスする事として、法律に関連した内容ではあるが丸暗記ではなくて内容を頭で理解する事が重要と言います。確かに暗記すれば合格は出来ますが実際の職場などで応用が必要な場面も多く存在するので頭で理解した上での知識が必要になってくる事も覚えておくようにしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加