弁理士

国内のみならず海外勤務でも活躍する弁理士の実態とは?

現在、あまり一般的とはいえないものの難関の国家資格として弁理士の存在があります。特許の出願を手助けしたり、知的財産権などを守る仕事を主としています。弁理士の多くは特許事務所に所属して活躍する事になる事がほとんどですが、中には特許事務所に所属せずに活躍する弁理士も存在します。

特許事務所以外で活躍している弁理士は企業などに常駐し新しいアイディアを特許庁に申請したり企業と相談したりする事で活躍しています。またこういった弁理士は国内のみならず海外でも展開している企業の展開先の各国々などでもその国の特許庁などとやり取りをして企業のアイディアを海外でも通用するものにする為の仕事もこなしています。この為に海外で活動する弁理士は国内で活躍している弁理士に比べても高い語学力が要求されます。企業が提案してきた新しいアイディアを柔軟に理解して法律と照らし合わせる一方でその案件を明確に諸外国の言葉でわかりやすく提案する必要があります。その国において企業が特許取得できるかは弁理士の腕にかかっていると言っても過言ではないかもしれません。

これからは国際社会と言われるほど国内のみならず海外で活動する企業も増加する傾向にあり、国内でも海外の良いアイディアを取り込むという流れになりつつあります。これから弁理士は特許の出願手続きや相談と言った内容に加えて、新たに企業の戦略の一つとしても活躍の場が広がってくるのかもしれません。

弁理士が請け負う最も多い仕事内容とは?

弁護士や不動産鑑定士などと並んで特に難関と言われている国家資格の中で弁理士と言われる資格があります。弁理士とはご存知かと思いますが特許に関連した業務を取り扱う法律に関連した国家資格者を指します。多くの弁理士は特許事務所に所属しています。では実際に弁理士が請け負う業務内容はどのようになっているのでしょうか。

特許事務所に所属する弁理士の多くは、主に企業から依頼された実用新案や特許などの工業所有権などを取り扱うことになります。大きく分けていくつかに分類されるこの工業所有権は弁理士にとって一番の得意分野とも言われております。一般的に企業相手に仕事をすることがほとんどで、各企業から相談される新たなアイディアであったり今までに無い機械や考え方などを特許庁に出願する為の書類作成などを引き受けることになります。その後特許庁に登録されている今まで出願されている内容と照らし合わせて過去にこういった内容の物が提出されて無いかなどを確認します。それ以外には企業間で知的財産権や工業所有権などでトラブルが発生したときや問題があったときなどに警告書などを作成しトラブルを未然に防ぐ役割もあります。

この様に弁理士は法律に詳しくそして新たなアイディアを受け入れる柔軟な技術力が必要になる仕事です。全国的にも難関と言われている仕事ではありますが。国家資格でありながら貴重な資格の一つでもあるために現在では人員不足とも言われています。法律関係を目指す以上は弁理士を考えてみるのも良いのではないでしょうか。

弁理士の口述試験の条文は暗記するべき?

難易度の高い国家資格のひとつに弁理士試験があります。行政書士や不動産鑑定士などと並んで難関と称される国家資格です。主に30代の、ある程度仕事をしてきた社会人が受験する事が多く合格率は10パーセントを割り込むと言った試験です。

試験内容は主に三次試験までの試験からなります。一次試験と二次試験は主に筆記試験となり定められた時間内に回答を記述していくというもので弁理士試験に限らず多くの試験でもあるような方法です。そして一番最後となる三次試験は口述試験と言うもので面接官が数名に対して受験者が一人の環境で行われる口頭での試験になります。面接官が問いかけるのに対して答える事になるのですが多くはやはり法律に関連した内容になります。合格者の間ではこの口述試験に関して様々な話題が飛び交っており、暗記する方法良いなどの対策方法もあるようですが、この試験の目的は頭で理解した内容を的確にわかりやすく説明する事が一番合格率が高いとされています。もちろん暗記して質問内容に法令集通りに答える事でも正解に繋がるかもしれませんが頭で理解した内容を簡潔にわかりやすく説明できる事も弁理士としてとても大切なスキルのひとつです。仮に丸暗記で正解する事が出来て弁理士試験に合格しても実際の現場で果たして役に立つでしょうか。

三次試験の口述試験はより実践的な環境での試験になりますので、これから迎えるであろう弁理士の仕事をスムーズにこなすためにも理解力と説明力を両立させて口述試験に挑む準備をしておきましょう。

特許事務所での弁理士の主な仕事内容とは?

法律関係で有名な資格として弁護士や司法書士などといった国家資格があります。それと同等の難易度と言われている、あまり馴染みのない資格に弁理士と言う国家資格があることをご存知でしょうか。法律を学ぶ上で知る事になった方や仕事内容に魅力を感じて資格取得を目指している人など様々いらっしゃるかとは思いますが、実際には弁理士とはどのような仕事内容なのでしょうか。

弁理士は主に特許事務所での業務が多く企業から持ち込まれる特許や実用新案などの新しいアイディアを特許庁に申請、出願などを手助けする一方で相談なども受け付ける特許関係に密接に関連した職業です。例えば新たに発明した製品や方法などを特許庁に申請する手助けをしたり、過去にすでに同じような内容の申請が無かったかなどの履歴を調査するなど、一般的には難しい書類などを一手に引き受ける事で特許庁と申請者をスムーズに繋げる架け橋となる仕事を主としています。また現在ではインターネットショッピングなども身近で簡単に利用が出来る様になってきた一方で、特に海外から出回ってくるブランド物の分野でコピーや模倣品などの悪質な品物が残念ではありますが流通しています。弁理士はそういった悪質な知的財産権などを侵害する可能性のある製品の輸入を差し止めする手続きなど、知的財産に関連した紛争処理業務なども行っています。

新たなアイディアを受け入れ、そしてアイディアを守るために活躍する弁理士。資格取得は簡単ではないかもしれませんが、合格後の業務内容はやりがいに満ち溢れた仕事なのではないでしょうか。

弁理士の資格に必要な口述試験って?

現在、国家資格である弁理士試験を合格するには大きく分類して3種類の試験を受ける事で合格となります。その一番最後となる三次試験にあるのが口述試験と言われるもので面接官数人対して受験者一人と言う中で試験管が問いかける内容に対して受験者が口頭で回答するといった内容の試験です。

口述試験は特に弁理士試験の中でも重要な項目で、より実践的な内容の試験になります。弁理士試験などの講座を取り扱う機関や書籍などでも探すと口述試験に関しての過去問題や模擬試験などが存在するようです。しかし多くの弁理士試験合格者が口をそろえて言う事が、法律の内容を丸暗記する事よりも明確でわかりやすく、なにより簡潔である事が大切と言います。これは文章でわかりにくい内容を実際に自分が理解した上でわかりやすく説明する事が出来る裏づけになります。

また口述試験は人対人の試験になりますので、もしわからない内容を質問されて答えにつまずいてしまった場合でも黙ってしまう事はご法度のようで大きく減点の対象になってしまうようです。もしわからない場合でも試験管の許可を得た上で法令集を見る事が出来るのであせらずにとにかく黙ってしまう事は避けるようにしましょう。実際働き始めて仕事をしているときに依頼者を前にわからないからと黙ってしまう事と同じです。

このように自分が今まで身に着けてきた内容を試される試験なので自分がしっかり勉強して頭で理解した能力とそれを適切に説明できる能力が試される試験です。わかっていても緊張などで真っ白になってしまわないように落ち着いてゆっくりと冷静にすることが大切なのかもしれません。

国際特許事務所で活躍する弁理士の活動内容は?

現在数多く存在する国家資格の中で弁理士と言う特許に関連した内容を専門に取り扱う仕事があります。弁理士は多くの場合、特許事務所に所属して企業などから依頼された新しい技術などを特許庁に出願するための手続きを一括して請け負う業務が主な仕事です。

その弁理士が所属する弁理士事務所にはいくつかの種類が存在します。まずは特許法律事務所ですがこれは国内においての特許出願などを取り扱う事務所で弁理士以外にも、弁護士が常駐する事務所を指します。それ以外に外内特許事務所は海外から日本の特許庁に対しての特許出願を請け負い、逆に内外特許事務所は海外の特許庁などに出願を請け負う業務になります。多種類ある事務所の中で国際特許事務所と表記されているのは、外国から日本の特許庁へ向けての出願と海外の特許庁に向けての出願をどちらも請け負う事が出来る事務所になります。

特に海外が絡んでくる特許事務所は高い理解力もさることながら高い語学力も要求される仕事になります。国内から出てきたアイディアを海外の特許庁に明確に伝え、海外から申請される内容も細かく理解して仕事を進める必要がある為、国家資格の中でも特に語学力が必要になると言える仕事なのではないでしょうか。国際特許事務所で働く弁理士は語学力が活躍する為の大きな鍵を握っています。これから弁理士を目指す人は法律や特許だけではなく幅広く仕事を請け負うための語学力も必要になってくるのではないでしょうか。

弁理士にバッジが持つ意味とは?デザインや作りを見てみよう。

国家資格の中でも特に難関とされる試験に弁理士資格があります。合格率も10パーセントを大きく割り込む年があるほどの難関試験ではありますが見事合格して弁理士の資格を得た人はそれは表現できないほどのうれしさに満ち溢れる事でしょう。

弁理士として合格をした人が実際合格した事を実感する事としてバッジを身に付けた時があるのではないでしょうか。弁理士が身に付けるバッジは大きさは2センチ弱の通称座布団と言われる布の柔らかくエンジ色をした素材の中心に菊の中に桐をあしらった銀製に金メッキのデザインをしており少し重みを感じるものとなっています。弁護士のバッジと似ていると言われる事もあります。弁理士に合格した人の中にはホームページを所有している人が数多くいらっしゃるようで、自分が取得した弁理士のバッジを誇らしげに公表してうれしさをアピールしている微笑ましい内容のホームページを見かける事がよくあります。

弁理士のバッジは主に特許庁や裁判所などの公的機関に赴くときに身に付けることが多いようです。一方で企業の新規アイディアのプレゼンテ-ションなどを聞くときに身に付ける弁理士は少ないと言います。

必ず身に着けなければならないものではありますが、弁理士に合格した人や実際現役で弁理士として活躍している人の多くはバッジに恥じる事のない仕事を目指して働いています。これからそのバッジを身に付けることを目指して弁理士試験を挑む人もそういった弁理士として意識の高い人のアドバイスを聞く事が合格までの近道なのかもしれません。

弁理士に仕事を依頼したときの費用の相場は?

企業や会社などが新たなアイディアなどを開発して特許を取得する為には特許庁にその内容を報告し、許可されることで権利を得ることになります。しかし、特許庁に出願するには大変な書類作成や専門的な知識が必要になり仮に提出できたとしても書類不備などで突き返されてしまうことがあるといわれています。

そういった素人では到底困難な書類作成や特許庁などとのやり取りを引き受けてくれるのが弁理士と言われる国家資格取得者です。弁理士は法律に関連した仕事でありながら企業などから提案される新たな技術を理解して特許庁に出願を手伝う法律のスペシャリストでありながら高い知識をもった技術者でもあります。現在では発案した新しい技術などを特許庁に出願する際はこの弁理士に相談、依頼することがスタンダードになっています。依頼を受けた弁理士はその技術を理解し法律にあてがいながら書類を作成し特許庁に出願します。弁理士は基本的にこの内容を一括で行える為に依頼者と特許庁をスムーズに結ぶ役割を担っています。

実際に弁理士に特許に関連した仕事を依頼すると平均では30万円から40万円ほどが必要になると言われています。もちろん各特許事務所などによって価格の幅があること思いますし、依頼する業務によっても様々な料金設定があります。その為弁理士側も特許を出願する意向を示しても特許庁に認めてもらえない場合や利益になりにくい場合などの心配事を解決する為の相談を受け付けている所が多くあります。自分が発案したアイディアを上手く利用できるのか弁理士に一度相談してみることも良い方法なのではないでしょうか。

学校か独学か?弁理士合格の重要な選択!

弁護士や不動産鑑定士と並ぶほどの難関資格として、特許や実用新案などを取り扱う業務に関連した資格試験として弁理士試験があります。難関と言われる国家資格だけあり合格率も10パーセントを大きく割るほどの低い合格率になっています。しかしながら弁理士はその特殊性や企業などの新たなアイディアを形にしていく手助けをするなどの魅力的でやりがいのある仕事であり、また不況で就職が困難と言われている現在でも、弁理士の資格があれば仕事に困る事はまず無いとも言われています。その為、年々受験者は数を増やしている傾向にあるようです。

弁理士試験を受験して見事合格にたどり着くには、やはりとても大変な勉強が必要になってくる事が想像出来るかもしれませんが、合格者の多くは勉強をいかに効率よく出来て内容を柔軟に頭で理解する事が合格するための大切な事だと言います。実際に合格者の傾向をインターネットなどで見ていただくとわかるかもしれませんが現在普通に仕事をしている30代の方々の受験者数が圧倒的に多い事がわかります。これは、仕事をしつつ勉強して弁理士試験に挑んでいる事になります。独学で少しずつ学んで理解していく方もいらっしゃいますし、学校や講座などを利用して効率よく学ぶ人もいます。現在ではやはり学校などの講座を利用する方が短い時間で的確に学ぶ事は出来ますが、独学であってもゆっくり確実に学ぶ事が出来ますので、自分にあった勉強方法で確かな理解力を身に付け試験に挑めるようにする事がよいのではないでしょうか。

弁理士合格者に聞く!高確率合格の勉強法を徹底追及!

数多くの国家資格の中で特許や実用新案などを取り扱う業務に密接に関係した弁理士という資格が存在します。弁理士資格は高難度の国家資格のひとつと言われており、合格率も通常のスキルを証明するために設けられている民間の資格試験などの合格率と比べて格段に低くなっているため難関試験とよく表現されています。

では実際にはどのような勉強方法が効果的で高い合格率に持っていく事が出来るのでしょうか。弁理士試験に合格した方の多くは社会人の方がほとんどで、働きながら学んで合格までたどり着いた人が大多数を占めます。独学で勉強する方法も良いかもしれませんが現在は通信講座や通学講座などの講座を利用し弁理士資格取得を目指すのがスタンダードになりつつあります。合格までをしっかりサポートしてくれる講座も多数存在しますので利用する事でスムーズに合格できるのではないでしょうか。

勉強方法は講座を利用する以外の自主学習として模擬試験をとにかくやってみる方法があります。これは実際に出題されるであろう試験内容を予測して出題される内容のため限りなく実際の試験に近い形で作られています。模擬試験を多く解くことで自分の弱いところなどを分析する事が出来ます。そして合格者が多くアドバイスする事として、法律に関連した内容ではあるが丸暗記ではなくて内容を頭で理解する事が重要と言います。確かに暗記すれば合格は出来ますが実際の職場などで応用が必要な場面も多く存在するので頭で理解した上での知識が必要になってくる事も覚えておくようにしましょう。